肌質 改善

自分の肌質、本当はどれ?見極め方と肌質に合わせた効果的なお手入れ法

自分の肌質を正しく理解できていない方が実はとても多いです。

 

肌質を考える上で重要になるのは、「皮脂量」と「保水能力」の2つです。

一般的には、お肌の内部に水分がしっかり保水されていて、その外側を適切な量の皮脂が覆っているというのが理想的なパターン。

 

このバランスが加齢や誤ったスキンケアによって乱れてしまうと、肌質にも変化が生じてくるのです。

 

お肌を構成する油分と水分のバランスによって、お肌のタイプは分類することができるのですが、間違ったスキンケアを続けることで、健康な肌がトラブルを起こし、脂性肌や乾燥肌になったしまうケースもあります。

 

今回は、肌質の見極め方とお手入れ方法をご紹介していきます。

あなたの肌はどのタイプ?

水分と皮脂の量によって肌のタイプは、ノーマルスキン(普通肌)、オイリースキン(脂性肌)、ドライスキン(乾燥肌)、インナードライスキン(乾燥性脂性肌)の4つに分類されます。

 

この他に意外に多いのがコンビネーションスキン(混合肌)です。

 

ただ、混合肌を肌タイプ別のなかにいれてしまうと、多くの方が混合肌になってしまいます。

 

なぜかというと、顔のお肌が均一で同じ状態ということはなく、部分的にここは乾燥より、ここは脂っぽいなどというパターンがほとんどだからです。

 

肌質チェックリスト&肌質別の効果的なお手入れ方法
あなたのお肌が現在どのタイプに該当するかを判断することができます。
どのタイプに最も近いかチェックしてみてください。

 

 ノーマルスキン(普通肌) チェックリスト

□ 肌トラブルが少ない
□ 毛穴やベタつきが気にならない
□ 肌がみずみずしくしっとりした状態

ノーマルスキン(普通肌)の特徴

お手入れのポイント

 

ノーマルスキンは、水分と皮脂のバランスが良いお肌が特徴。

 

お肌のバリア機能が働いているため、肌トラブルが少ない理想の肌状態です。

普通肌の人はバランスの良い肌状態なので、特に課題は見当たらないかもしれません。

 

ただ、せっかく肌が安定した状態なので、新しい化粧品・美容機器などを試してみるのもケアのバリエーションが広がります。

 

しかし、加齢とともに水分を保持する力が低下していくため、基本的には保湿ケアを取り入れていった方がベターです。

 

少し乾燥しているかな…と感じたら、保湿効果の高い化粧品でお手入れしましょう。

 

 オイリースキン(脂性肌) チェックリスト

□ 肌のテカリが気になる
□ ニキビや毛穴詰まりが多い
□ 洗顔後すぐに皮脂が浮いてくる
□ 毛穴は開きやすい
□ 肌がゴワついている
□ 肌が硬め

オイリースキン(脂性肌)の特徴

お手入れのポイント

 

オイリースキンは、水分も皮脂も多い肌状態。
皮脂に関しては特に多く、ベタつきを感じやすいです。

 

思春期のオイリーなお肌が代表例ですが、20代以降でも脂性肌タイプの方はいます。

お肌がオイリーになってしまう人は、毛穴が詰まらないように洗顔は丁寧に行いましょう。

 

さらに、引き締め効果のある化粧水を使うことで皮脂の分泌を抑制できます。

 

ただし、皮脂を取り除こうとして洗浄力の強いタイプのものを使いすぎてしまうと、お肌に必要な保湿力まで取り除いてしまうことがあるので注意しましょう。

 

サラッとした乳液やクリームを使って、皮脂と水分のバランスを整えましょう。

 

 ドライスキン(乾燥肌) チェックリスト

□ 目・口の周りが乾燥する
□ 肌のつっぱりを感じる
□ 洗顔後につっぱりを感じる
□ 小じわが目立つ
□ キメが細かい
□ ニキビはできにくい
□ カサついて肌荒れしやすい

ドライスキン(乾燥肌)の特徴

お手入れのポイント

 

乾燥肌は、水分・皮脂ともに少なく、カサカサしたお肌が特徴的です。

 

年齢を重ねるにつれて、水分・皮脂ともに減少し、乾燥したお肌になっていく傾向にあります。

 

乾燥によって肌のバリア機能が弱くなるため、様々な肌トラブルにも直結しやすいです。

乾燥肌は水分・油分ともに足りていない状態なので、両方をバランスよく補う必要があります。

 

スチーマーなどの美容家電で水分を補い、そこに保湿効果の高い化粧水をプラスのもいいでしょう。

 

それに加え、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が配合された美容液で保湿力を高め、最後に乳液・クリームで疑似的な皮脂膜を作り、密閉することで水分の蒸散を防ぎます。

 

また、洗顔によって、肌に必要な皮脂まで流出しないようにすることが大切です。
乾燥肌には洗浄力の強い洗顔料は不向き。皮脂を過剰に取り過ぎない洗顔料を選びましょう。

 

おすすめの保湿化粧品はコチラ

 

 インナードライスキン(乾燥性脂性肌) チェックリスト

□ 肌がカサカサする
□ ニキビができやすい
□ ハリのなさが気になる
□ 毛穴が開きやすい
□ 洗顔後はカサつくが少し経つとベタついてくる
□ 細かいシワが多い

インナードライスキン(乾燥性脂性肌)の特徴

お手入れのポイント

インナードライスキンは、表皮の皮脂量は多いにもかかわらず、角層の水分が不足した状態。

 

乾いた肌細胞が危機を感知し、皮脂を過剰に分泌し自己防衛してしまっているのです。

 

表面には皮脂が多いのでニキビができやすい傾向にあり、内部は乾燥しているのでカサつきも感じることも特徴。

インナードライは表面上はテカるので、「自分は脂性肌」と思い込み、脂性肌の人と同じお手入れをし続けることで、さらに悪化してしまうケースが多いです。

 

インナードライは皮脂を取り除くのではなく、乾いた角層を保湿することが必要です。

 

先ずは脂性肌用の化粧品はやめ、セラミドなどの保湿力が高いとされる成分を含んだ化粧品で、しっかり水分を届けてあげましょう。

 

成分がナノ化されている化粧品を使い、角質層まで水分が届くようサポートするのもいいですね。

 

おすすめの化粧品はコチラ

 

 コンビネーションスキン(混合肌) チェックリスト

□ 目・口のまわりが乾燥する
□ Tゾーンはベタつく
□ 乾燥肌と脂性肌が混在している

コンビネーションスキン(混合肌)の特徴

お手入れのポイント

 

混合肌は、同じ顔の中でも乾燥した部分とオイリーな部分が混在している肌タイプです。

 

目や口の周りは乾燥しているのに、おでこや鼻などのTゾーンは皮脂が多くてベタついた状態に。この差が大きいことが特徴的なのです。

顔のなかで、普通肌、脂性肌、乾燥肌など部分的に異なる状態が混在しているので、部位によってケアを変える必要があります。

 

混合肌の方は、皮脂が多いTゾーンには乳液・クリームを少なめにして、逆にカサつきやすい目元・口元には乳液やクリームで油分を補ってあげてください。

 

部位によってスキンケアを工夫してみると効果的です。

 

 

 

肌タイプ別お手入れのまとめ!

 

肌質に応じて、効果的なスキンケアの方法は異なってきます。
ちょっとした知識があるだけで、毎日のケアが変わってくるはずです。

 

自分の肌質をしっかり見極めることができれば、スキンケアも効率的になるものです。

 

上手にお手入れして美肌へ導いていきましょう!


 

page top