乾燥肌 おすすめ 食材

乾燥肌を改善できる!おすすめ食材

お肌パサパサして乾燥する…、そんな時、真っ先に保湿力の高いで化粧品でどうにかしようと考える方が多いかと思います。

 

でも、実はお肌の潤いの98%は食事からの栄養素であることをご存知でしょうか。

 

勿論、スキンケアは非常に大切ですが、スキンケアで外から保湿するだけでなく、潤いを作る食事をしっかり食べることも一緒に行うことが必要なのです。

潤いを保つために必要な物質を知ろう

角層(お肌の一番表面にある層)にある保湿物質には、
「皮脂」
「天然保湿因子(NMF)」
「セラミドなどの角質細胞間脂質」
の3つがあり、こららが存在しているから水分が保持されています。

 

角層の水分は、80%以上はセラミドなどの角質細胞間脂質、17〜18%が天然保湿因子。
皮脂は2〜3%で水分を守る力はあまりありませんが、外部刺激や水分蒸発を防ぐ役割をしています。

 

セラミドを生産する材料となる「必須脂肪酸」には女性ホルモンを整える働きがあり、天然保湿因子の材料となるたんぱく質を構成する「アミノ酸」には、ターンオーバー(お肌に新陳代謝)を促す効果があり、どちらも食事から摂取する必要があります。

 

このことから、食事から摂り込む栄養分はお肌のうるおいに欠かせないものなのです。

乾燥肌に効く!おすすめの食材

お肌の乾燥に効く、セラミドを生産する材料となる「必須脂肪酸」と、天然保湿因子の材料となるたんぱく質を構成する「アミノ酸」を豊富に含む食材をご紹介します。

 

食事のバランスを意識しつつこれらの食材を積極的に摂って、乾燥しない肌づくりを目指しましょう。

アボカド
必須脂肪酸を豊富に含み、植物繊維も豊富

魚介類
良質な必須脂肪酸が豊富に含まれている

高野豆腐
必須脂肪酸を豊富に含んている
絹ごし豆腐の10倍のたんぱく質がで栄養価が高い

サーモン
アミノ酸と必須脂肪酸の両方を豊富に含んでいる

納豆
栄養価の高い発酵食品で美容食材としても名高い

みそ
日本人ならではの手軽に摂れる発酵食品

くるみ
オメガ3など必須脂肪酸を豊富に含む

美容オイル
オメガ3(DHA・EPA)など、良質な必須脂肪酸を豊富に含む美容オイル取り入れるのもおすすめ。ドレッシングのように、サラダにかけるなど不足しがちな必須脂肪酸を補うことができる

美肌づくりには多くの食材をバランスよく!

お肌のためには、特定の食材をたくさん摂取するのはなく、さまざまな食材をバランスよく摂取することが大切です。

 

ここでは、お肌のために覚えておきたい栄養素はビタミンA、タンパク質、ビタミンCの3つについてご紹介します。

 

ビタミンA

 

抗酸化作用がある栄養素。

抗酸化とは

鉄がサビたり、リンゴが酸化して茶色く変色するように、お肌や体も酸化(サビ)します。酸化すると老化や血管の老化が進みます。特にお肌は体よりもサビやすいと言われていて、シミやシワ、肌荒れなど起こりやすくなります。抗酸化とはサビを抑える働きのこと

ほうれん草、ニンジンなどの緑黄色野菜、レバーにも多く含まれています。

 
 

ビタミンC

 

抗酸化作用があり、コラーゲン生成をサポートする栄養素。

 

レモン、赤パプリカ、ジャガイモ、ブロッコリー、果物ではイチゴやキュウイに多く含まれています。
ビタミンCは尿から排出され体に残りにくいため、毎日すこしずつ摂取することが大切です。

 
 

タンパク質

 

肌、髪、血液、筋肉と、私たちの体のつくる根本的な栄養素。

 

健康維持、美容のためにな欠かせない存在です。たんぱく質が不足すると肌の弾力や潤いが低下し老化が進んでしまいます。

 

たんぱく質が摂れる主な食材は肉や魚、卵や牛乳などの乳製品です。

 

食材から摂った栄養をお肌に効かせるためには、これらの栄養素をバランスよくとりつつ、保湿化粧品でしっかり保湿ケアをしてあげましょう。

 

page top