正しいクレンジング法

間違ったクレンジングは肌老化の原因!NGなクレンジング法

 

スキンケアの間違いや勘違いのトップに挙げらるのがクレンジングです。

 

どんな方法でも、「とにかく落ちていれはOK」と思っている方が多いからです。

 

何をしても肌荒れが治らない、どんなに保湿しても乾燥肌が改善されない…という方が、クレンジングの方法を見直したことで、お肌が劇的に改善することがしばしばあります。

 

メイクを落とすというプロセスは、スキンケアをする工程のなかでいちばんお肌に負担になるものです。

 

クレンジングを上手にすることが肌の健康の始まりと言ってもいいほど、クレンジングの仕方次第でお肌状態は変わるのです。

こんな落とし方、していませんか?

 

 

 

まずは、お肌に刺激を与えないことが大切です。そのうえで、メイクや汚れをしっかりと落としましょう!


クレンジング料の種類と選び方

クレンジング料は油分と界面活性剤の配合のバランスでさまざまなタイプのものがあります。最近では、美容成分を多く含んだものや、オイルでも肌にやさしいものなどもありますが、基本的には界面活性剤を多く含むものは、洗浄力が高く、さっと落とせるものの肌への負担は大。

 

クレンジング選びは、メイクの薄さ濃さなども考慮しつつ、肌質で決めましょう。
敏感肌や肌の調子が悪いときなどは、刺激の弱いものを選びましょう。

 

クレンジングの常識!守れてますか?

メイクしたまま寝ると…

時間が経つとメイクは、空気中の汚れやお肌の皮脂を吸着して酸化。その結果、色素沈着を起こしてシミ、くすみの原因になったり、毛穴に汚れが詰まってニキビの原因に。

 

どんなに疲れて帰ってきた日でも、メイクは必ず落として!

 

ポイントメイクは専用リムーバーで!

マスカラやアイライナー、口紅などは専用リムーバーを使って落とすのがベストです。特にウォータープルーフのものなどを使ったときは必須です。

 

アイメイクもきちんと落とさないと肌上で酸化し、微弱炎症を起こし、その結果、色素沈着の原因になります。

 
page top