目元 シワなくす

目元のシワをなくす!正しいお手入れ法

目元シワなくす方法
顔の中でもっとも皮膚の薄い目元。頬の皮膚の1/3程度しかありません。

 

そのうえ、1日2万回以上の瞬きをしているため、その負担はかなり大きくさまざまな肌トラブルを起こしやすいパーツで、乾燥、シワ、たるみ、くま、くすみなど多種多様な悩みが現れます。

 

そのため、アイクリームなどを用いたスペシャルケアを取り入れることがベスト。
特に水分保持力が低下する30代以降は、アイケアは必須と心得ましょう。

 

ここでは、アイクリームの正しい使い方をはじめ、選び方、目元にNGなことなどシワをなくす方法などもご紹介したいと思います。

どんなものを使えばいいの?悩み別アイクリームの選び方

乾燥小ジワの悩みには…

セラミド、ヒアルロン酸などの保湿成分配合のものを選びましょう。

 

色素沈着によるくま、くすみの悩みには…

メラニンの排出を促す美白ケアを目的としたものを使いましょう。

 

深いシワには…

レチノール入りのものがおすすめ。
レチノールの濃度は製品によってマチマチです。ただし、濃度が高い方が効果を期待できる半面、肌質によっては赤くなる場合もあるので注意が必要です。

アイクリームの順番と正しい使い方

アイクリームの順番

アイクリームの順番はほとんどが、美容液をつけた後(クリームや乳液をつける前)ですが、製品によってはスキンケアの一番最後に使うものもあるので、それぞれの使い方に沿って使いましょう。

正しい使い方

とにかくお肌を刺激しないようにやさしくつけることが必須です。
つけ方のポイントは

肌を動くほどの力は厳禁!
スキンケアの力の入れ加減は、生卵が割れない程度が目安。
目の周りはそれ以上に優しくつけましょう。肌が動くほど力を入れてしまうとシワや色素沈着の原因になります。

 

これは、アイメイクをするときや、クレンジングをするときも同じです。
目元は「常に優しく」が鉄則です。

page top